ホワイトニングで注意すること

控えた方が良いものとは

ホワイトニングをしている最中は、控えなければいけない食べものがあります。
食べると汚れが沈着して、歯が汚くなってしまいます。
ワインやコーヒー、カレーなどが着色汚れしやすい種類に含まれます。
ホワイトニングが終わるまで、ガマンしてください。
それらが好物だという人がいるでしょうが、少しのガマンなのでルールを守りましょう。

ワインやコーヒー以外の飲み物だったら大丈夫だと言われていますが、含まれている成分によっては着色汚れが付いてしまう可能性があります。
心配な人は念のために、ホワイトニング中は水を飲むようにしましょう。
水なら、着色汚れが付く心配はありません。
ホワイトニングが成功して、綺麗な歯に生まれ変わるでしょう。

イベントまでに綺麗にしたい

特別な日まで、歯を白く綺麗にしたいと思っている人が見られます。
しかし、ホームホワイトニングに即効性はありません。
そのことを理解した上で取り組みましょう。
1回ホワイトニングをしただけでは、納得できないことがあります。
納得できなかった場合は、もう1回ホワイトニングをしてください。

満足できるまで、繰り返すのが良い方法です。
次第に歯が綺麗になっていくでしょう。
イベントまで間に合わないと大変なので、スケジュールを確認してください。
前もって満足できる白さになるまで、ホワイトニングを何回繰り返せば良いのか把握しておきましょう。
すると、ホワイトニングをするべきタイミングがわかります。
せっかくのイベントなのに、歯が汚かったら気分が下がってしまいます。


この記事をシェアする